子年の見通し(1) アノマリーによると強気かな

大納会が終わり

次は2020年の大発会

子年への見通しが、いろんなところで出てますが

例年、子年は上がり年、と言われてます

大統領選があるので、アメリカは景気を冷え込ませるようなことはしないだろうし

多分、トランプ大統領が再選され

そうすると、金持ちへの減税は続くので

株価は上がると思います

その割には、日本の上がりが少ないです・・

IT系は、アメリカがけん引しました

ちょっと前は、日本の自動車とかがけん引してました

平成は30年ありましたが

その間に失われた20年があって

日本は、世界をけん引する資質がなくなったのね

これが、どっかで芽生えると

日本のウハウハ時代が再び!ってことになるのではないか、と

相場における五輪ネタ、としては

五輪前から上がる

五輪後も上がる。っていうのが

定番だったんですが

前の東京五輪とか北京五輪とかでは

五輪の後に落ちているのね

ブラジルも、上がるぞ~、と言われたわりには上がらなかった

ただこちらは、世界的な景気減速に

新興国であるブラジルレアルが引き下げられたってのが

あるかな~

それでも、2019年の株価指数

ブラジルの上昇指数が1番でした

次がドイツ、台湾、米国、中国、日本、英国、ですって

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。