アノマリー投資 季節で買う

5月に売って、相場から離れる

これは有名ですね

昔は農業が株価を動かしていたからですって

新年で、楽観的予測、積極的気分が支配するようになり

上がる

で、4月に高値がつく

ええ、最近では5月に売るのはもう遅いのですよ(^^:)

その後、夏まで出来高が減る

9月になると学校、仕事に戻り、

決算対策でポートフォリオの株を処分売り

その結果、9月は一年で悪くなる

11月1日から4月30日まで株

残りは債券

って買い方をするのがテッパン

11、12、1、3、4月が高めなのね

5月から10月は、平均して下がってる

夏はほんとに下がるのよ

7月に下がって

あ、拾いそこなった、って思っても

8月と9月に下がるから、十分に間に合います・・(><)

これを、先ほど記事にした大統領選とからめると

1、大統領選挙の翌年=5~10月売り 11~4月買い

2、中間選挙の年=5~10月売り 11~4月買い

3、大統領選挙の前年=1年保有

4、大統領選挙の年=1年保有

う~ん

確かに、2019年はかなり儲けがでたけど

ず~っと持っていて来年も後半まで我慢すると

かなりゲットする儲けが大きくなったかも

ただ、私はこれだけ待つ根性はないな~(^^;)

まとめると

10月と11月に株を買って

4月と5月にうる、って機械的にするだけで

そこそこの数字は確保できます、ってこと

これに、日本の特殊性である

3月と9月に決算で配当取りがあるっての加えると

9月の外資のポートフォリオ組み換えで下がったのを買い

3月末の決算を乗り越えて

GW前に売り逃げるってのが

テッパンなのね

ただしこの手法は

かなり手持ち資産がないと、難しいかな~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。