アノマリー投資 米国大統領選からの考察(4年のサイクル)

これは、有名な法則で

1、大統領選挙の翌年は下がり

2、中間選挙から上がり始め

3、大統領選挙の前年にはトップとなり

4、大統領選挙年は

中間選挙近辺よりはあがります

大統領選挙は4年に一度なので

これは、日本の干支が12年周期だから

いわゆる「子年は繁栄」とかの格言にハマッタりします

この大統領選挙期間のアノマリーが

ばっちりハマッタのが去年ですにばっちりで

2019年=大統領選挙の前年(3)は

米中問題はありましたが

日本の株は、かなり上がりましたね

ダウ平均も、下落した年がないようですから

いかに米国大統領が、選挙対策として景気拡大をめざすか、って

わかりますね~

2020年は大統領選挙の年(4)

去年よりは下がりますが

おととしよりは上がる、って流れではあります

でもって

現職大統領が出馬すると

ダウも高めになる

トランプ大統領、再選めざしてますからね

来年も、このルーティンになりますな

現職大統領が再選された年は

3,6,10,12月が良いそうです。7月は悪い

で、不人気の政権が交代する、ってわかると11~12月があがる

これは、納得ね

そして、2021年’(1)には

オリンピックは終わるし

大統領選後ではあるし、ってことで

かなり冷え込みそうなわけです

そして2022年は中間選挙の年(2)となるので

翌年のための仕込み年

底値拾いの年になるわけですね

アノマリー投資のサイクルとしては、ですけどね(^^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。