週末の独り言 経済学者ジョセフ・スティグリッツ氏のコロナ後の考察がおもしろかった

読売新聞は

日曜日に、著名な学者の小論文、っていうか

現状認識とか、これからの考察とかを記事にすることがあり

本日26日の日曜日には「ジョセフ・スティグリッツ氏」が記事を書いてました

コロンビア大学の教授で

市場現象分析で、ノーベル経済学賞を受賞している人です。

ほんとに賢い人というのは、素人にもわかるように話てくれますよね

今回の記事も分かりやすかった

コロナで、貧富の格差が、健康格差としてあぶりだされた、って点は

アメリカだけでなく、日本でも感じられてる現象です。

健康を手にする権利が、明確な基本的人権として認められない国

先進国では、アメリカぐらいなのね

小さい政府でいいのは、市場経済が「正しい」からだ、って風潮でしたが

市場経済が正しいなら、四大企業の独占が、これだけ続くはずはなく

米国の競争理念は、骨抜きだ、って

疫病、災害、気候変動の危機から国民を守るのは、企業ではなくて政府で

市場にあるはずの「見えざる手」は、危機の中では機能しない

そんなことが、今回のコロナで世界中が認識しちゃった、って

産業革命後に、人類の生活は飛躍的に改善されましたが

産業革命=科学の進歩、であり

科学をないがしろにするコロナへの不適切な対応が

人類を守り切れてないんだ、って

とってもおもしろかった

小さい政府は間違ってる、って方針転換が

コロナ後の世界情勢になるんでしょうかね

とってもおもしろい記事でした

訪問ありがとうございます。

応援クリックして下さると、励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

にほんブログ村

女性投資家ランキング

よろしくお願いいたします m(_ _)m

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。