週末の独り言 株を始めたいお友達のために ゴールドを買うという選択。

こんにちは。

本日も訪問、ありがとうございます(^^)

本日の東京も晴。

昨日今日と、暖かいので庭の整理をしました。

今まで、出るのもヤダったの。

枯れてる葉先をカットしたり、枯れ雑草を処分したりね。

春めいてきましたね~。

来週には、花粉来襲だそうです。(><)

株を始めると、乱高下は必ずあります。

乱高下の少ないETFでも、下がるときは必ず来る。

その時に、退職金全部をETFとかにいれとくと

目減りした状態で換金しないといけないからね。

月の収入の少ない人ほど、預貯金割合(低金利でも減ることはない)を増やしたほうがいいんですよ。

投資はバクチじゃないからね。

相場が下がった時に、買い増しすることが、株で資産をつくるコツで王道ですが

人間のメンタルは、そんなに強いもんじゃない。

だから、株価が下がっても、たくさん株主優待がもらえるとか

配当金がちゃんとでる

それも、預貯金金利より、たくさん出る、と思えば

メンタルヘッジになるわけです

(たとえ塩漬け株が増えても、狼狽売りしないですむ)

そんな風なメンタルヘッジのひとつとして

純金積み立てをおススメします。

おススメするのは、私が実際やっているからで

20代のOL時代は、毎月3000円とか積み立ててました。

結婚退職して、毎月の入金ができなくなった時に

積み立てを停止。

その時点で積み立てしてた「金」を、アクセと金貨に変換しました。

この金貨が、今、6倍以上になってるから、すごいんです。
(当時は、1グラム1000円ちょいくらい。今7600円)

夫がサラリーマン時代。

私の金貨の含み益が上がったのを、夫がうらやましがるので

それはも~、うらやましがるので~、がるので~

うっとおしいので、毎月の家計費をやりくりして

定年までの2年くらいかな

夫のために毎月5000円ずつ積み立ててあげました。

その後、生活費としても純金積み立てをしまして

定年退職と同時に停止しました。

そのままにしとくと、管理費が取られるので

両方とも、銀座の田中貴金属店に行き、金貨に替えてもらって口座を〆ましたが

金貨が出てくるときは、ドキドキして楽しかった(^^)

この金貨を、貸金庫に放り込んでおりました。

で昨年、私の実母が亡くなり、ちょっと遺産が入ったので(もう納税済)

母から買ってもらう、ってつもりで、私名義で純金積み立てを再開してます。

というように、今回記事にして思ったんだけど

私、けっこう純金積み立てを使ってるんだわ。

ず~っと、使用してるのではなく、ぶつぶつと止めたり

再開したりしてる(新規で入り直してるから、再開ではないか)

積み立ての良いとこは、すぐに止められるとこですね。

お金に余裕がなくなったら、やめればいい。

私はやめて、新規再開、が多いですが

今だと、途中休憩して、また再開もできるのかな?

ネットでできるからね~

簡単。

純金積み立ては、手数料がかかります。

ですからお金持ちさんは、金の安い時に500グラムとか買い。

高くなったらそのインゴットを売却する、ってのをやってるらしいです。

手数料を考えると、スポット買い、という、その場でドンと買うのがいい。

そういうのもある、とだけ覚えていてくださいませね。

あと、今は7000円超えですから、毎月3000円とか購入しても

3か月たたないと、1グラムにならないからね。

毎月の支払が少ないと、手数料の割高感が強いので

1~2年ぐらいで売却を考えるなら

今回のウクライナ侵攻みたいな時でないと

購入してすぐに利幅が出る、ということはないとお考えください。

楽天銀行経由で、田中貴金属の純金積み立てにはいると

楽天ポイントがもらえる、ってキャンペーンやってたんですが

この記事を書く時に調べたら、今はないみたいね。

残念

田中貴金属、純金積み立てのHP←はこちら。

お暇なときに見てください。

ゴールドは、ETFとかでも買えるんですが

「金」にして手元に持つことができるとこは少ないです。

田中貴金属と、あともう一つどっかかな?

田中貴金属から何ももらってませんが

紹介してますよ~(^^)

あと、金貨は手元におくには美しくてうっとりですが

換金を前提にするなら、5グラムバーとか、10グラムバーの方が

換金手数料が少ないです。

まぁこれを考える必要があるのは、

純金の積立額が、30グラムとか超えてからね。

(1オンス金貨は33グラムちょいあるのでね)

訪問ありがとうございます。

応援クリックして下さると、励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

にほんブログ村

女性投資家ランキング

よろしくお願いいたします m(_ _)m

★★

相場の勉強のために、色々読んでいるビジネス本のブログ←はこちらです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。